転職に強い資格取得専門校記憶力・集中力・注意力を高めるアロマオイル

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーという資格はありません。文部科学省が、不登校や校内暴力などへの対策として小中高校への配置をすすめている心理学の専門家のことです。このスクールカウンセラーになるためには、「臨床心理士」などの資格が必要なのです。

いじめや不登校、児童生徒間のトラブル等の問題行動の原因は色々ありますが、最近、子供達が内面に不満やストレスを抱え込み、抑制ができなくなり衝動的に問題行動を起こしたと思われる事例が多く発生しています。
このような子どもたちに、今までの学校での生徒指導では子どもたちの悩みや不安を受け止め、相談に当たることが難しくなってきています。

文部科学省は、学校でのカウンセリング機能を充実させるため、都道府県が行う、臨床心理士などであるスクールカウンセラーの活用に関する調査研究に対し、「スクールカウンセラー活用事業補助」を実施しています。平成15年度は全国で7000校が対象になっています。


スクールカウンセラーの活動≫

1.カウンセリングルーム等での児童、生徒、保護者に対する個別のカウンセリング
2.休み時間の声かけや相談など、日常的な場面での相談活動
3.教職員や保護者の悩みや不安に対し、臨床心理の立場からの助言・援助活動
4.教職員や保護者との懇談などを通じたカウンセリング等により得られる児童生徒の悩みや不安の傾向や地域特性についての情報提供
5.地域住民を対象とした講演会などの機会にカウンセリングの適切な知識・技術を提供するなどの活動

スクールカウンセラーの活動により、児童生徒の問題行動等の予防・発見・解消に効果があります。保護者や教職員の意識や指導の在り方にも効果があります。


『転職に有利なカウンセラーの資格を取得する』トップページへ

スクールカウンセラーになるためには、臨床心理士、精神科医、大学教員の資格が必要です。実際には臨床心理士の資格保有者が9割程度です。

臨床心理士は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定しています。
大学院修士課程(資格認定協会指定の大学院)を修了し、大学院によってはさらに修了後1年以上の現場経験(相談所・病院などでの心理臨床経験)を経てから受験資格が与えられます。その上で、試験に合格して初めて資格を得ることが出来ます。しかも、資格を取得した後は、5年に1度の更新を受けなければなりません。能力を維持するために常に努力していきます。

学校心理士(日本教育心理学会の認定による資格)などを持つ者が「スクールカウンセラーに準ずる者」として認定されることがあります。


スクールカウンセラーは将来性があります≫

ここ数年の中高生による凶悪な犯罪の発生などを見て、各地域の教育委員会は、スクールカウンセラー制度の充実を急いでいます。
文部科学省が推進するスクールカウンセラーの派遣対象は、3学級以上の学校であり、カウンセラーの数の方が不足していると思われます。

臨床心理士も数年前に比べると有資格者はかなり増えましたが、スクールカウンセラーは出来て日の浅い職業ですので、今後は、よき相談相手としてのベテランが引っ張りだこになる可能性があり、需要は増え続けると思います。


『転職に有利なカウンセラーの資格を取得する』トップページへ

資格取得への道
日本プロカウンセリング協会
働きながら勉強するからこそ安心して活きたカウンセリング技術が学べる!

通信教育のフォーサイト
目標達成までのフォローアップを実施し、講師・教材・学習環境にこだわり、高品質の講義を低価格で!

資格&技能完全ガイド
【情報満載のガイド無料進呈】

心の悩みを解消する専門家を養成! 自己カウンセリングにも最適です

【TOEIC英文法30日間集中プログラム!】
新TOEIC対策講座 3ヶ国音声付メールセミナー
自宅で好きな時間に学習でき音声データはmp3プレーヤーで持ち運べるプロ&ネイティブスタッフの迅速な解答!

スクール・通信講座の徹底比較!
一括資料請求【無料】



スポンサー
QRコード
QRコード
livedoor
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site